Month: August 2019
自律神経失調症による胃酸過多にはネキシウムで対処

自律神経失調症とは自律神経が過度な緊張状態となり、それが継続し、自律神経系の支配組織に様々な影響をもたらす疾患です。 主な症状としては倦怠感、動悸、発汗、めまいなどが挙げられます。 自律神経系は交感神経系と副交感神経系とに分けることができ、それぞれが相反する働きをすることで体の調子のバランスを整えています。 自律神経失調症になるとそのバランスは崩壊してしまい、様々な症状が現れ、胃酸過多が症状として現れることがあります。 胃酸分泌は自律神経系の中でも副交感神経系の興奮によって促進されます。 副交感神経系終末でアセチルコリンが盛んに分泌されると、プロトンポンプの働きが盛んになり、胃酸過多となるのです。 胃酸過多の症状に対しては、H2受容体阻害薬とプロトンポンプ阻害薬の服用によって対処されます。 プロトンポンプはヒスタミンH2受容体、ガストリン受容体、アセチルコリン受容体の3つの受容体が存在し、これらの働きで胃酸分泌が亢進します。 H2受容体阻害薬の場合、ヒスタミンによる胃酸分泌しか抑えることができず、自律神経失調症の時問題となるアセチルコリンによる胃酸分泌を抑制することはできません。 よって自律神経失調症による胃酸過多に対してはプロトンポンプ阻害薬で対処することがより効果的な治療法と言えます。 ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬の中でもより優れた胃酸分泌抑制効果が期待できる薬剤です。 ネキシウムの有効成分エソメプラゾールは従来から存在するオメプラゾールというプロトンポンプ阻害薬をより効率的に効果が現れるように改良された薬です。 よってより強力な効果が得られると言えます。 是非自律神経失調症による胃酸過多にはネキシウムで対処してみて下さい。

2019年08月26日
ネキシウムを服用した際の効能と副作用

胃腸の中で胃酸が過剰に分泌してしまう症状を胃酸過多と言います。 胃酸過多の原因は過度のストレスなどで自律神経のバランスが崩れることにより発症すると考えられています。 交感神経の緊張などにより胃酸が過剰に分泌されると、血管が委縮して胃腸への血行が滞ります。 その結果必要以上に分泌された胃酸の影響により、逆流性胃腸炎や十二指腸潰瘍などの疾患を引き起こします。 主な症状としては胃液の逆流や胸やけ・胃もたれや吐き気などを伴います。 またお腹が張ったようになる腹部膨満感や、口中の酸味を感じるなどの症状もあります。 胃酸過多の症状の緩和にはプロトポンプ阻害薬という薬剤の処方が効果的とされています。 プロトポンプ阻害薬とは胃酸の分泌に関連する、アセチルコリンとヒスタミン・ガストリンという3つのホルモンからの信号を遮断する作用があります。 現在国内で処方されているプロトポンプ阻害薬の中でも比較的新しい薬剤にネキシウムがあります。 ネキシウムには胃酸の分泌を強力に抑える働きがあります。 主に逆流性食道炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの症状に効果的とされています。 ネキシウムを服用することで辛い胸やけの症状の緩和や、吐き気や胃痛を和らげる効能があるとされています。 ネキシウムは副作用が出にくいように開発された薬剤なので、他の薬剤に比べても比較的副作用は少なめとされています。 とはいえ個々の体調の具合などによっては軽度の副作用が見られることも少なからずあるようです。 気になる副作用の症状としては発疹などの皮膚炎や口内炎・下痢や便秘などの腸内症状や口の渇きなどが見られるようです。 このような副作用がみられ、症状が改善されても、別のストレスがたまり睡眠などの生活習慣に影響を及ぼす場合があります。 睡眠の質が悪く、睡眠不足により規則正しい生活リズムを取り戻せなくなってしまった場合、寝付きをよくするために睡眠導入剤や睡眠薬に頼ることも必要になるかもしれません。 睡眠薬を通販で購入する人も最近増えてきているので、睡眠不足に陥った場合は試してみると良いでしょう。 ネキシウムを入手するには専門の医療機関で処方してもらう他に、ネット通販の個人輸入代行サイトなどで購入する方法があります。

2019年08月11日