• ホーム
  • ネキシウムを服用した際の効能と副作用

ネキシウムを服用した際の効能と副作用

2019年08月11日
お腹が痛い女性

胃腸の中で胃酸が過剰に分泌してしまう症状を胃酸過多と言います。
胃酸過多の原因は過度のストレスなどで自律神経のバランスが崩れることにより発症すると考えられています。
交感神経の緊張などにより胃酸が過剰に分泌されると、血管が委縮して胃腸への血行が滞ります。
その結果必要以上に分泌された胃酸の影響により、逆流性胃腸炎や十二指腸潰瘍などの疾患を引き起こします。
主な症状としては胃液の逆流や胸やけ・胃もたれや吐き気などを伴います。
またお腹が張ったようになる腹部膨満感や、口中の酸味を感じるなどの症状もあります。
胃酸過多の症状の緩和にはプロトポンプ阻害薬という薬剤の処方が効果的とされています。
プロトポンプ阻害薬とは胃酸の分泌に関連する、アセチルコリンとヒスタミン・ガストリンという3つのホルモンからの信号を遮断する作用があります。
現在国内で処方されているプロトポンプ阻害薬の中でも比較的新しい薬剤にネキシウムがあります。
ネキシウムには胃酸の分泌を強力に抑える働きがあります。
主に逆流性食道炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの症状に効果的とされています。
ネキシウムを服用することで辛い胸やけの症状の緩和や、吐き気や胃痛を和らげる効能があるとされています。
ネキシウムは副作用が出にくいように開発された薬剤なので、他の薬剤に比べても比較的副作用は少なめとされています。
とはいえ個々の体調の具合などによっては軽度の副作用が見られることも少なからずあるようです。
気になる副作用の症状としては発疹などの皮膚炎や口内炎・下痢や便秘などの腸内症状や口の渇きなどが見られるようです。
このような副作用がみられ、症状が改善されても、別のストレスがたまり睡眠などの生活習慣に影響を及ぼす場合があります。
睡眠の質が悪く、睡眠不足により規則正しい生活リズムを取り戻せなくなってしまった場合、寝付きをよくするために睡眠導入剤や睡眠薬に頼ることも必要になるかもしれません。
睡眠薬を通販で購入する人も最近増えてきているので、睡眠不足に陥った場合は試してみると良いでしょう。
ネキシウムを入手するには専門の医療機関で処方してもらう他に、ネット通販の個人輸入代行サイトなどで購入する方法があります。