• お腹を抑えている女性
  • お腹が抑えている男女たち
  • ベッドでお腹を抑えている女性
お腹を抑える男性

胃酸は本来は胃腸に侵入してくるばい菌を殺菌する役目がありますが、胃壁が弱ってくると、胃粘膜を傷つけて胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因となります。
また、胃酸が逆流すると食道が荒れ、ひどい胸やけが起こります。
ネキシウムは、酸分泌抑制薬で、胃酸の分泌を強力に抑えます。
結果、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治りが良くなって、胃痛や胸やけが改善されます。
アスピリンや鎮痛剤を原因とする胃潰瘍にも効果があります。
胃酸は胃粘膜に存在する酵素により、ATPのエネルギーを利用して酸を放出し、カリウムイオンを取り込むことにより分泌されています。
ネキシウムは、この酵素の働きを抑制し、酸分泌を抑制します。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人には、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の存在する確率が高いことが分かり、この菌を取り除くと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発現率が低くなります。
ネキシウムは、ピロリ菌の除菌にも用いられています。
この場合は、他に2種類の抗生物質と併用して行われます。
ネキシウムで胃酸を少なくすると、抗生物質の効き目が良くなり除菌の成功率が高まります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療以外にも、吻合部潰瘍やゾリンジャー-エリソン症候群などの治療にも用いられます。
吻合部潰瘍というのは、胃の切除手術などで、胃と十二指腸または、小腸をつなぎ合わせる手術を行ってから1~2年後に、吻合部にできる潰瘍のことです。
ゾリンジャー-エリソン症候群というのは、膵臓や十二指腸壁に通常発生するガストリン産生腫瘍によって引き起こされるものです。
胃酸の過剰分泌や消化性潰瘍が結果として生じます。
この治療にもネキシウムが用いられています。